のろのろ山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月山 岩根沢周回

<<   作成日時 : 2010/10/07 20:19   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 14

2010.10.7
どうやら、高い山は紅葉が見ごろらしい。しばらく遅れると思っていたのに、突然の紅葉シーズン到来。
あわわ。早くいかなくちゃ。

標高の低い所から登れば、まだ紅葉が楽しめるだろう、と。岩根沢コースに再挑戦。


岩根沢口〜烏川コース分岐〜烏川徒渉〜清川行人小屋〜大雪城〜胎内岩〜月山山頂小屋〜胎内岩〜大雪城〜本道寺コース分岐〜地蔵森山鞍部〜岩根沢口


岩根沢口からは、思ったよりいい道でほっと一安心。烏川コースとの分岐には、たてたばかりの道標もあって、とっても親切だった。
昨日の雨で少し増水した烏川。
画像

石を放り投げて足場を作って渡ろうかと思ったけど、放り投げているうちに疲れてしまった。比較的浅瀬を探して徒渉。
靴を脱がないで、なんとか渡れた。




徒渉後からは、つづら折れの、のんびりした登山道が続く。
だんだん楽しくなってきたあたりで、いやーな予感。
尋常でなく獣臭い上、何者かが力づくで、なぎたおしたような木が登山道に沢山散らばってる。
真新しい大きい糞も、ボトボトと登山道に落ちてる。

とどめの熊棚。
頭上1m。登山道の真上に、熊棚。
画像



のんびり楽しんでいる場合でない。鈴の音高く、なるべく早く立ち去ろうと試みるも、獣の匂いはずっとずっと続いてる。清川行人小屋が見えるあたりまで、獣をまじかに感じながら歩いた。





小月山の紅葉は、今が見ごろ。
画像

ここのところ、山でお決まりのウエツキブナハムシの食害のせいで、すでに葉っぱが落ちてしまっている木もあったけど、まだまだ綺麗な紅葉だった。
マロ7さんのブログと、SONEさんのブログで見た西側月山の紅葉は 黄色ばっかりだったので、今日の岩根沢も、吾妻の紅葉みたいな真っ黄色を予想していた。
岩根沢の紅葉が例年通りなのは、意外だった。



熊から早く遠ざかろうと頑張ったお陰で、予定より1時間も早く着いた。
でも、ここからまた大雪城の登りが待ってる。もう10月だし。9月になってからも続いた猛暑の影響で、雪渓はないだろうけど、あんなだだっ広い所で、濃霧にまかれたら道に迷ってしまうだろうな。
大雪城方面
画像





すぐ出発。紅葉のアーチを抜け、清川行人小屋から大雪城を目指して登っていく。
画像


画像





雪渓は全くなかった。
草紅葉が綺麗。チングルマ。
画像


ハクサンイチゲとミヤマリンドウが、まだチラホラ咲いていた。つい最近まで、ここは雪渓があったのかな?
山のお花の生命力には、いつも感激する。
画像





胎内岩あたりから、ガスが出てきた。
気がせいていたので、いったいどれが胎内岩なのか分からず。胎内岩だけたったら、山頂から簡単に来れる。じっくり見るのは、また今度の機会にしよう。


山頂に出ると、今までの閑散とした山が嘘のように賑やかになる。登山者がたくさんいた。

月山山頂小屋は、店じまい。
画像




午後の月山は、いつもガス曇り。これからどんどんガスが濃くなるばかりだろう。
またまた休憩せずに下山開始。
胎内岩から、今度は直線的に下って本道寺コースと合流する。
ガスが大分濃くなってきた。踏み跡もほとんどない登山道なので、トラロープを忠実にたどる。
画像



清川行人小屋が近付いて、樹林帯に入るとまた獣の臭いが強くなる。
登山道わきには、熊棚につぐ、熊棚。
10個は見たと思う。

清川行人小屋周辺は、まるで熊の巣。
熊の巣で、のんきにご飯を食べられるような神経の太さはないので、昼ご飯は行動食で適当に済ます。
画像


広くて、きっちり整備された登山道は、ガサガサと密藪をこいで歩くより楽ちん。熊にしてみても、登山道は良い道なんだろうね。岩根沢は、登山者がいないから熊も悠々しているんだと思う。
今日も、でっかいザックを背負った単独の男性とすれ違ったきりだった。
山頂のにぎわいが嘘みたいに静かだ。
画像




山深いのは本当に好ましいけど、この熊っぽさはどうしたもんか…。
秋の今時分だけなんだろうか。



<登山時間 6:20〜15:15 晴れのち曇り>


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山形県の山
2011.06.08 中丸山から熊野岳※ 2011.06.07 東黒森と西黒森※ 2011.04.15 高館山※  2011.02.20 赤倉温泉スキー場  ゲレンデにてスキー練習。 2011.01.23 西川町民スキー場  ゲレンデにてスキー練習。 2010.12.20 東の戸神山から千歳山周回 以前から計画していた周回ルート。 2010.11.23 白鷹山 標高の割に、里山っぽかった。 2010.11.20 まぼろしの滝遊歩道・与蔵峠 短いながらも見どころがいっぱい。 ... ...続きを見る
のろのろ山行記
2011/07/01 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさま・・・
清川行人小屋界隈の紅葉は見事だったね。この標高だと赤もあるね。
熊に出会わなくて良かった良かった。この付近は餌が豊富だったのかな?
SONE
2010/10/07 20:47
月山って紅葉が綺麗って言うイメージなかったんだけど、清川行人小屋のあたりの紅葉はみごとだったなぁ。念願のコースだったし、行ってよかったよ。
熊はね、今年は猛暑だったから餌がなくって大変見たいよ。岩根沢の登山道を周回して、ドングリをむさぼり食ってるんだと思うよ。かわいそうね。
マス
2010/10/07 21:09
マスさん、こんばんは
これまた立派な記録!ざっと14.5q、標高差1450mですかね。月山はやっぱりこっちも歩かないと、って感じですね^^ でもさすがに熊棚10個の道はびびります^^; マスさんは一人の時は、クマ鈴の他にホイッスルとか吹きますか?
紅葉いいですね〜。ゆっくりできなかったのが残念ですが、時間的にも暗くなる前に戻ってこれたからよかったんじゃないでしょうか。
今週末は雨なので、今年は紅葉見逃しそうです。残念。
k4
2010/10/07 21:35
月山ってこんなに深い山だったんだなぁって、再発見しました。本当に、良いコースですよ!今回は、熊とガスに追い立てられて、紅葉をゆっくり眺められなくて残念です。予想よりも1時間半位早く帰ってきてしまいました。普段のあたしだったら、10時間は余裕でかかってたと思うんです。ペースが乱れた分、疲れました。
ホイッスルは持ってますが、一切吹いたことないです。
 熊鈴は、単独行の時は 鳴らして歩いていますが、熊鈴をならしていても、会う時は会うので。熊に会ってからリンリン鳴らして、熊が逃げるのを待つ…というのが、いつもの使い方です。熊っぽいのに出会うと恐ろしくて声が出なくなるので、鈴を鳴らして存在を誇示することにしてます。
3連休は、もしかしてずっと雨でしょうか??。最近、日曜日の雨降りが多いですねー。紅葉、残念ですね…。
マス
2010/10/07 22:32
月山の紅葉見事ですねぇー。
このコース 手持ちの地図に載っていたんですけど、
はじめて知りました。
熊は怖いですけど、ホント鮮やかな錦秋ですね。
それにしても、コースタイム見るとかなりの
健脚じゃないと難しそう。
ぼんいぢ
2010/10/07 23:08
距離は長いのですが、急なところや危ないところはないので。大雪城での道迷いだけが心配なコースだと思います。清川行人小屋に泊って、1泊2日で歩く人が多いようです。清川行人小屋は、雰囲気のいい小屋でした。
マス
2010/10/07 23:31
知らないコ−スを見せてもらいました。
熊灘と糞・・獣の匂いを感じての7山行・
それも単独で・静かといいながらも不安感はなかったかなぁ・
でも・・燃えるような赤の紅葉にも出会いました。
綺麗ですね・・自然美の造形は素晴らしいですね・・
頂上小屋も閉鎖になったんですね・・
今年は月山に登れませんでした。ク〜の200座達成の
記念の山ですすらね・・
チングルマのヒゲも二度楽しめますね・
ハクサンイチゲとミヤマリンドウもみられ・
草紅葉にもなりましたね・山はもう冬の支度でしょうね・
お疲れ様でした・熊に出会わなくてよかったですね
ク〜
2010/10/08 08:52
キャラクターの熊は可愛いのばっかなのに本物は怖いです(>_<)
山歩きには臭覚も大切なんですね!
ブナハムシの食害に驚きましたが、すばらしい紅葉で良かったです。
ナカシィ
2010/10/08 10:38
>ク〜さん
山には熊がつきものとは言っても、あまりに熊の気配が強かったので、さすがに怖かったです。今回は、たまたま会わなかっただけだと思います。
山頂小屋は、3連休の時までやっているのかと思ったら、もう終わってました。山は、冬に向かって急ぎ足です。あれ?ク〜ちゃんって今、何百座目なんですか?確実にあたしより沢山の山に登ってそうです。あたしは、同じ山にばっかりいくので、山行の数のわりにピークを踏んだ山数はずいぶん少ないって事に気がつきました。
マス
2010/10/08 14:49
>ナカシィさん
鼻がつまったあたしにも分かるくらいに獣臭いんですよ。嗅覚を磨く必要ない位はっきり分かるので、安心してください(笑)。動物全般が好きなので、クマだって格別嫌いじゃないのですが。できれば、熊とは お互いに不干渉な関係でいたいです。
ナカシィさんは、いろいろ忙しそうですね。登る山にこだわらなかったら、11月まで紅葉は見れるんじゃないでしょうか。
マス
2010/10/08 14:59
熊さんがいるからこそ、いいコースなんですねぇ。
月山の西側の黄葉と違いいい色付きですね。
倅が昨年の7月行っており、いつかはと思ってましたが、14.5q、標高差1450mおんつぁんに無理だな。┌|∵|┘
マロ7
2010/10/09 18:56
累積標高が1450mにもなっているのは、小さいアップダウンを繰り返すからだと思います。そこらへんは、面白山〜南面白山の周回に似てますが、樹林帯がえんえんと続く面白山よりも岩根沢の方が変化があって歩きやすかったです。
 マロさんとそっくりな息子さんも、山登りするんですよね。でも、一緒には行かないんですね
マス
2010/10/09 23:42
はじめまして。
一人でも山に行けちゃうなんてすごい。尊敬

このルートはなかなか人が少なくていいですね
うちらは長時間歩けないので小屋泊まりで廻りたいです。
お花の時期にも行ってみたいですね。花の名前は分かりませんが・・・

これからもちょくちょく覗きに来ま〜す。
そいが
2010/10/13 21:17
こんばんわ。コメントありがとうございます。
ブログ、拝見してました。

もともとは、一人で初めた山歩きなので、ポツンと一人で山に行くのは、全く苦にならないです。
まぁ、自分と山の嗜好が似てる人ってあんまりいないから、いきおい一人にならざるをえないと言うか。不可効力って感じです。
紅葉時期はあるいたから、次は花の時期って やっぱり思いますよね。夫婦で小屋泊りして、花を眺めながら歩いたら楽しそうです。あたしは、やっぱり日帰りかなぁ。重たい荷物が苦手なんです。
お暇な時にも、またいらしてくださいませ
マス
2010/10/14 02:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
月山 岩根沢周回 のろのろ山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる