のろのろ山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大朝日岳 中ツル尾根・御影森周回

<<   作成日時 : 2010/09/15 22:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2010.9.15
天気と体力の関係で、朝日鉱泉〜鳥原山〜大朝日〜御影森〜朝日鉱泉の大周回コースを1泊2日で歩く計画は中止。
規模を縮小して、いつも通りに日帰りすることにした。


朝日鉱泉〜中ツル尾根〜大朝日岳〜平岩山〜大沢峰〜御影森山〜大クロベ〜上倉山〜朝日鉱泉


最初から登山道を間違ってしまい、釣り人がつけた変な道に入ってしまった。
あるべきはずの吊り橋がなかったので、間違いに気がついたものの、川っぷちの濡れた石で滑って転倒。
思いっきり、ひじと太ももを打ちつけた。
こうやって、道迷いから遭難へとすすんでいくのだろうね。

幸い、すりむいた程度で済んだので、もと来た道を戻って、つり橋を渡った。
このコースは、つり橋をたくさん渡る。行き帰り往復で6回渡る計算だ。
さっきみたいに転ばないように気をつけて…と。
画像



吊り橋が終わると、ずーっと山頂まで急坂。
画像





木の根で階段状になってる登山道を松葉を踏んで歩けば、朝日に来た実感が強くわく。
楽しい気分になってきた。




ノコギリソウと思ったら、ヤマハハコ
画像


ヤマトリカブト
画像






隣に見える小朝日岳
画像




うまく写真が撮れなかったけど、吾妻と蔵王が見えた。




まだまだ遠い山頂
画像




中ツル尾根で、すれちがうのは蛇ばかり。5、6匹の蛇とスライド。
マムシの赤ちゃんもいた。お天気が良いから蛇も日向ぼっこかな。




今は古寺鉱泉から登る人の方が多いのかもしれないけど、古寺から山頂へ向かうよりも、中ツル尾根のほうがアップダウンが少なく、一気に山頂へ向かえる点で効率的。体が楽な気がする。
ウキウキ気分のまま、山頂へ。


今日は朝日も紅葉前のオフシーズンなのか、山頂には3人しかいなかった。
大朝日岳の山頂は強風が吹いていたので、長居せずにすぐ下山にかかる。
3人さんの記念撮影に遠慮して急いで帰ろうとしたと思ったようで、親切な方が「写真撮りますか」と、声をかけてくれた。「しょっちゅう来てるので、記念写真は けっこうです」とも言えず。挙動不審なまま、立ち去る。




振り返れば大朝日の雄姿
画像



平岩山と大玉山の分岐は、天気が良かったので問題なし。
分岐には道標はあったけど、ガスが出てたら大朝日から平岩山まで 道が分からなくなるんじゃないかと怖くなった。




祝瓶山は、未登。こんなにはっきり眺めたのも初めて。
画像




たちどまって景色を見たり、地図と山を引きあわせて眺めていたら、だいぶ時間がすぎてしまっていた。
大沢峰からちょっと急ぐ。





上倉山への登りにかかる前に「大クロベすぐそこ」の看板があった。ヤブっぽいのかと思ったら、きちんと刈りはらいしてある。こんな簡単に見れてラッキー。
しかし、これを見つけた人というのは、キノコ採りでもして やぶをこいでたんだろうか。
登山道から50mは下った所にクロベはあった。

こういう大きい木には山の神様が宿ってるんじゃないだろうか。
ありがたい木。木の幹は9.27m。
画像


この大クロベの手前にも幹が5mの大きいクロベがあった。本気になって探せば、幹が5m位の大きい木が朝日全体に沢山あるんじゃないかと思った。
ありがたい木が、わんさとある ありがたい山、か。
これからもずっと変わらない朝日であってほしいなぁ、と思いながら ありがたい木に手を合わせた。





<登山時間5:40〜17:10 晴れ>


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
中ツル尾根は下りでしか使ったことがないよ。山頂から1時間半で二又まで下ったよ。
でもあの急坂を登って御影森山に日帰り周回できたので、今後いろいろなルートを採れるね。大クロベは昨年見て驚きました。
SONE
2010/09/15 22:36
あたしは、急坂を登って比較的緩斜面を下るのが、好きなコース取りなのね。
去年のSONEさんのmixi日記読んだら、クロベを「一目みてゾゾッと寒気がしました。」と書いてあって面白かったよ。この感性の違い。
マス
2010/09/15 22:48
天気よかったんだね!
こっちからみたら曇ってたから、よかったね!

いいなぁ。
早く腰治らないかなぁ。

祝瓶山最高
長井・白鷹側から見ると惚れ惚れするよー。

みぴこ
2010/09/16 00:11
古寺から行くよりも、山登りとしては難しいと思ったよ。
その人その人だと思うんだけど、中ツルを登るか下るかというのと、鳥原山経由か御影森経由かっていうのの選択肢がいろいろあるから、行く時は好きな方で
あまりの暑さにひるんで祝瓶山は、行く気がしなかったけども。涼しくなってきたから行ってみようかなぁ。 登山口まで、たどり着けるかな…。山の中より車の運転が心配。
マス
2010/09/16 08:44
いい景色見られて羨ましい。
朝日は1年行っていないのでそろそろ行こうと思っています。
祝瓶も近々ね。
morino
2010/09/16 19:19
夜明けから夕暮れまで、よく頑張りましたね!いつ見ても凄いなあと思います。
挙動不審のまま、結局山頂写真撮らなかったんですね(笑)実は、私、大朝日山頂以外で祝瓶山見たことないです^^; いつか登ってみたいけど、これまた遠い〜。休日晴れますように^^

k4
2010/09/16 19:44
巨木好きとしては大クロベは見逃せませんね。
今度行きたいなぁ。
Y
2010/09/16 22:28
>morinoさん
この頃、お仕事忙しいんですね。今年は夏がものすごく暑かったので、秋になって山に行きやすくなって嬉しいです。泊りで行くとしたら、どこでしょうか。
葉山から大朝日に来た登山者とお話ししたのですが、去年も天気がいまいちで、今年も3日間のうち2日が雨みたいでした。山って、天気次第なので。この日は、たまたま天候に恵まれて楽しかったです。
マス
2010/09/17 00:39
>k4さん
根気強いので、こつこつ歩くのは得意です。
記念写真は、去年にも全く同じことがあって。気を使って声かけて頂いたので、写真撮ってもらったんですしたが、今回はうやむやに立ち去りました。自分自身の写真は、どうでもいいんです。
そうそう、この前、k4さんのお住まいのあたりを車で通り過ぎました。ずいぶん遠いところに住んでるんだな、と びっくりしました。
マス
2010/09/17 00:57
>Yさん
クロベまでならそんなに大変じゃないので、気軽に行けると思います。
クロベは迫力が違いましたよ。お勧めです。
巨木好き仲間としては、以前にYさんが行かれていた幻想の森にも是非行ってみたいと思ってます。
マス
2010/09/17 00:59
栗駒湯浜のクロベとどちらが大きいのだろうか。
中ツルさんは1回下ったが、急斜面と吊り橋しか覚えていないなぁ。
祝瓶、そろそろすか。
maro7
2010/09/17 06:39
朝日のクロベも、栗駒のクロベも日本最大を公言してますよねぇ…。朝日のクロベは「9.25m」とはっきりしてますが、栗駒のクロベは「約10m」としか分からないので、本当はどっちが大きいんでしょうか。
元祖と本家みたいに、自分のとこが一番って お互いがお互いに思ってる。栗駒のクロベもちゃんと測った方が良いのかも?
でも、どっちが日本一でも、どちらのクロベも大変ありがたい木だと思います。
マス
2010/09/17 08:40
この日は午前中だけ畑仕事&温泉で過ごしましたが、やっぱり最高の山日和だったようですね、う〜ん羨ましい!大朝日岳へは平岩山方面から登っても、最後がガレた急斜面なだけに達成感があると思いますよ(笑)。
superdioaf27
2010/09/17 17:45
superdioaf27さんは、祝瓶から平岩山に行かれたんですよね。
今回、御影森をすぎたあたりでそれを思い出して、羨ましく思いました。でも、前御影森から中沢峰まではヤブこぎだったとか。ヤブこいで長い距離歩くのは、しんどかったろうなー…と しみじみしました。

地道に朝日の稜線をうめてるんですが。まだまだ時間がかかりそうです。
マス
2010/09/18 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
大朝日岳 中ツル尾根・御影森周回 のろのろ山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる